株主優待でうなぎを食べる 秋葉原 うな匠

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

5月末で優待券の期限が来てしまうというので、秋葉原の「うな匠」でひつまぶしをご馳走になりました。

友よ!ありがたくいただきます!

うな匠 ひつまぶし

うな匠のひつまぶし

一番売れ筋のひつまぶしをいただきます。

1人前 3200円(税抜き)

ここのうなぎの焼き方は「関西焼き」といって、蒸さずに焼くため、脂の乗ったパリッとした香ばしさが特徴です。これはおいしい。もちろん、関東風のふっくらしたのも大好きです!

うな匠のひつまぶしの食べ方

お店の壁には、ひつまぶしのおいしい食べ方がちゃんと書いてありますので、ちゃんと読んでおいしくいただきましょう。下記は私的ポイントも追加してあります。

  1. おひつの蓋をわくわくしながら開ける
  2. うなぎは混ぜずに、軽く4等分する(4回に分けて食べます)
  3. 1杯目をお茶碗に盛ってほおばる。場合によって、テーブルにあるうなぎのタレ、山椒をかける(ここの山椒は香りがよくおいしい)
  4. 2杯目をお茶碗に盛る。薬味のネギ、海苔を半分ずつかけてほおばる(薬味はなくなったら追加できるらしいのでたくさんトッピングしてもイイヨ)
  5. 3杯目をお茶碗に盛る。薬味のネギ、海苔、わさびをのせて秘伝の「茶だし」をかけてお茶漬け風にほおばる(茶出しも追加できるよ!)
  6. 最後の1杯。好きな食べ方でほおばる

株の勉強

さて、株の勉強。この優待は(友人のですが)

ジェイグループホールディングス (3063)を買うともらえます。

権利確定月は 2月、8月の年2回。

100株で2枚、200株で4枚の優待券(1枚1000円、1年間有効)がもらえますので、200株購入すると1年で8枚(8000円分)の優待券がもらえます。

うなぎ2回は食べられますよ!

買いたい気持ちが盛り上がります。

まず、チャートから確認しましょう。

ジェイグループホールディングス チャート

うーん。740円あたりで買いたい気がしますが、下降三角形型の三角保ち合い(さんかくもちあい)のチャートパターンになってますので、更に大きく下げる可能性がありそうです。

次第に高値が切り下がって(青い線)それまで維持していた安値の抵抗線(赤い線)をブレイクダウン(下に突き抜ける)した時は素早く売りたいかたちです。大きく下げる可能性があります。

次に、四季報などで会社の状況も確認してみましょう。証券会社のサイトなどですぐに確認できます。財務状況を確認。

blog-unagi03

利益剰余金(企業が生み出した利益を積み立てたお金)がマイナス。有利子負債(利息をつけて返す必要がある借金)がいっぱいあります…orz

営業CF(営業活動で儲けたお金)が1200ほどです。投資CF(主に固定資産の取得及び売却で増減したお金)とほぼ等しい額ですから、儲けたお金はほぼ設備投資に回してるのでしょうか?現状、なかなか苦しい財務状況のような気がします。

お金ないのに借金はいっぱい(*´∀`*)

PBR(現在の株価が企業の資産価値(解散価値)に対して割高か割安かをみる数値。PBR=1倍が株価と資産価値が同じということなので高いと割高)は3.5倍なので、資産価値以上の株価がついてます。優待効果でしょうか。

とりあえず、現状見た感じですと、いまは買わないほうがよい気がします。

優待情報で盛り上げておいてスミマセン。

※株は自己責任にて売買ください。

まとめ

うな匠の秘伝の茶だしは、あっさりしてます。お茶の風味がしておいしい。

わたしの4杯目は・・・・・・・・・

普通に、タレ、山椒トッピング!

香ばしくてぱりっとしたうなぎの皮と、爽やかな山椒の風味。やっぱりこの組み合わせがおいしい(´∀`)

ああ。うなぎ大好き。

早く完全養殖できるようになってほしいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク