従業員の平均年齢から年収まで ~ 会社四季報はオモシロイ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

いつものようにディー・エヌ・エーに登場してもらいましょう。

今回の注目欄は赤枠③の【本社】や従業員、仕入先や販売先が掲載されている欄です。就活生たちも注目してるでしょうか?

ディー・エヌ・エー 従業員

あれ?

年齢や年収が掲載されてませんね。

しょうがないので、ほぼ近い業務内容と思われる「グリー(3632)」を見てみましょう。

グリー 従業員

ほぅ。若くて年収もそこそこある会社ですね。では詳しく見ていきましょうか。

本社

【本社】は会社の顔とも言われたりします。何でもない情報のようですが、なかなか興味深いんです。

【本社】欄では、実質的な本社機能があるところの所在地と電話番号が掲載されています。注目ポイントは、どこにあって、自社で建てた本社ビルなのか賃貸ビルへ入居しているのかです。

ディー・エヌ・エーは「渋谷ヒカリエ」、グリーは「六本木ヒルズ」ですね。どっちもIT企業らしく、一等地の有名ビルに賃貸で入ってます。

すげー(゚∀゚)

これらの会社に勤めているのは、六本木ヒルズや渋谷ヒカリエに通勤する夢あふれたキラキラした若者たち(え?)なのか?朝方、会社近くのコンビニにおにぎりを買いに行く徹夜で作業の、どろどろした目の若者たちなのか…?

どっちなのぉぉぉお?興味深い。

そして、郊外の自社ビルより、一等地の超有名賃貸ビルのほうが期待も信頼も勢いも増すような気がするのはわたしだけでしょうか?

本社をどこに置いているのかをみるだけでも、いろんな戦略が見えてきそうですね。

その他、会社によっては【営業所】【支店】【工場】などの情報も書いてあったりします。ココだけで妄想がいろいろ膨らみますな。

従業員

さて、ココが1番おもしろいところ。【従業員】欄です。

ディー・エヌ・エーは掲載してませんので、グリーを見ます。

【従業員】<15.12>連1,459名 単885名(32.3歳)[年]747万円

と書いてあります。

読み解いていくと、これは15年12月時点でのデータです。[連]は子会社も含めた従業員数。[単]はグリー単体の従業員数です。グリー単体の従業員の平均年齢は32.3歳、平均年収は747万円(残業代や手当、賞与含む)ということですね。

あくまで平均なので、実際にグリーの32歳が700万近く年収があるかというと、そうでもないかもしれませんが、他社と比べても十分高給取りですわ。

同業他社と比べたり、他業種と比べたりしてたのしみます。就活生はココの情報が1番気になるところでしょうか。

このように、眺めて比べて楽しむ以外にも大切な活用方法があります。

売上高を従業員数で割ることで、どのくらい効率よく稼げているのかを見ることができます。

 icon-hand-o-right ディー・エヌ・エー(16.3決算時)

143,709,000,000円÷2,435名=59,018,069 約5,900万円/1人

 icon-hand-o-right グリー(15.6決算時)

92,456,000,000円÷1,459名=63,369,431 約6,300万円/1人

※売上高が連結なので、子会社含めた従業員数で割ってます。

一人あたりの売上高はディー・エヌ・エーが約5,900万円。グリーが6,300万円ということで、グリーのほうが若干効率よく稼げているみたいです。ひとつの指標として他社と比較してみてもおもしろいと思います。

証券

【証券】欄では、上場市場や幹事証券会社、株主名簿管理人、会計監査人などが掲載されています。グリーをみてみます。

【証券】[上]東京 [幹]野村 [名]三菱U信 [監]新日本

読み解くと、東京証券取引所1部上場、幹事証券会社は野村證券、株主名簿管理人は三菱UFJ信託銀行証券代行部、会計監査人(監査法人)は新日本有限責任監査法人?かな?

ちょっとだけ細かく見ると、上場市場は以下に分類されています。

取引所 市場 四季報表記 特徴
東京 1部 東京 日本を代表する大企業向け
  2部 東京2 中小企業向け
  マザーズ 東京マ ベンチャー企業向け
名古屋 1部 名古屋 名古屋周辺の大企業向け
  2部 名古屋2 名古屋周辺の中小企業向け
  セントレックス 名古屋セ 名古屋周辺のベンチャー企業向け
札幌 一般市場 札幌 北海道周辺の有力企業向け
  アンビシャス 札幌ア 北海道周辺のベンチャー企業向け
福岡 一般市場 福岡 福岡周辺の有力企業向け
  Q-ボード 福岡Q 福岡周辺のベンチャー企業向け
ジャスダック ジャスダック JQ ベンチャー企業向け

ちなみに取引時間は、取引所によって違うので、東京が終わっても札幌はまだ開いてたりします。

安定した配当が狙いなら1部上場企業。大きい値動きが狙いなら2部やベンチャー向け市場の上場企業を狙うのがよいですね。

ちなみに、今飛ぶ鳥を落とす勢いの「RIZAPグループ (2928)(旧健康コーポレーション)」は本社が東京でありながら、上場市場は「札幌アンビシャス」なんですよね。

常に市場替えの噂が出ているのも不思議はないですし、不思議な会社です。そもそも東京本社で札幌で上場ってできるんですね。

幹事証券会社は、会社の上場時には準備、審査のアドバイス、公開価格の決定などの重要な仕事があります。上場後も増資、社債発行、買収、ストックオプションなどの資本に関わることについて適切な助言をしていくことになります。大切な相棒ですのでちゃんとした証券会社を選びたいところ。

株主名簿管理人は、その名の通り名簿を管理しています。株主総会招集通知などはここから発送されています。郵便物が届かない時はココに問い合せをします。

会計監査人(監査法人)については、会社と監査法人との間で意見の食い違いがおこったりしているケースもあるらしく、頻繁に監査法人が変わる場合は要注意だそうです。

銀行、仕入先、販売先

それぞれ、【銀行】は主要取引銀行、【仕入先】は主な仕入先、【販売先】は主な販売先です。そのまんまやん!

仕入先、販売先は、ある企業が爆発的に暴騰したり暴落したりした時に、関連企業として注意しておくとよいかもしれません。

つられて上がったり下がったりすることがあります。

まとめ

長くなってしまった。

でも、この一角だけでまたまたいろんなことがわかりました。四季報の情報はホント捨てるところがナイです。耳や爪まで食べられてしまう豚さんみたいです。

おっと、例えがちょっと微妙でしたが、だいぶ会社の実態が見えてきたような気がしませんか?

いやー、経営者さんは大変ですよ。このようにせきららに会社の状況を公表しないといけないのですから。

さあ、まだまだ着ている服を剥ぎ取っていきますヨ。まっぱになるまで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク